胸を大きくする

【よくある勘違い!】胸を大きくするには?

胸を大きくするにはいろいろな方法があるようです。
いろいろなトレーニングや体操やストレッチ、食事、サプリメント等々です。
でも、基本は、血流やリンパの流れを良くして、女性ホルモンのバランスを整えることが目的です。
生理の時に胸が張ってつらい月経前症候群(PMS)(注1)があるという女性がいると思いますが、これもバスト付近の血流やリンパの流れが悪くなって起こると言われています。

 

体にいい正しい習慣やサプリメントが、あなたのバストをふわふわな理想の形に近づけていくのです。
自宅に居る時には、ノーブラで、できるだけおっぱいが揺れる状態にすることによって血流やリンパの流れも促進されて胸を大きくすることに一歩一歩近づいていくのです。
よく、おっぱいを揺らすと垂れるとか小さくなるという事がいわれますね。アスリートなどがバストが小さい傾向にあるためにそういう印象があるようです。
アスリートのバストが小さいのは、脂肪がエネルギーとして消費されたり、栄養が、筋肉の維持に利用されるからです。
一般人の場合は、良質の脂肪は、、血液の循環がよく筋肉がない空間に付くので、揺らすほど良質の脂肪を蓄えるのです。
結論を言えば、胸を大きくするためには、揺らす方がいいのです。

 

(注1)月経前症候群(PMS)とは、排卵後から生理初期までの時期に、バストの張や痛み、むくみ、頭痛、肩こり、イライラなどの不快な症状。排卵後の女性ホルモンのバランスが、崩れることで発症し、生理が始まると収まるケースが多い。